Shaping Your thoughts

Make Milestone
〜人と企業のマイルストーン(道標)づくり〜
※マイルストーンが確立されると、
企業なら売上利益が安定して伸び、
健全な成長を遂げます。
地域なら地域が健全に活性化されます。

私たちはお客様の進むべきマイルストーン
(方向性、あるべき姿)を戦略的に考え、
それを「9割のロジックを1割のセンス」で
お示しさせていただきます。

加えて、マイルストーンを実現する能力
(ケーパビリティ)を提供させていただきます。
-
  • 経営戦略部門
-
  • 経営戦略に関するコンサルティング業務
  • 企業理念、ビジョンの見直し
  • 事業計画の作成(中期経営計画)
  • 財務戦略の構築
  • 社員教育etc
  • 新規事業支援
  • 企業再生
  • 事業再生
  • M&A支援
  • 資産管理運用事業
  • 知財戦略部門
-
  • 特許、意匠、商標権利登録 ※特許事務所
  • 企業間のアライアンス契約(マネジメント)
  • 専用実施権など各許諾誓約書作成
  • ライセンスビジネスの構築
  • 知財侵害対策(ガイドライン作成など)
  • 著作権管理業務全般
  • 知財の戦略的有効活用
  • ブランディング部門
-
  • 企業ブランディング
  • 地域ブランディング
  • コンセプト
  • ブランドプロポジション策定
  • ブランドストーリーの作成
  • デザイン(建築、プロダクト、グラフィック)
  • CI,VI開発(商標開発)
  • 店舗開発(内装インテリア)
  • WEB制作
  • プロモーション戦略
  • マスコミ/メディア戦略(パブリックリレーション)
  • 各種ツール作成
  • 商品開発(企画デザイン)
  • 不動産価値向上
  • (タウンマネジメント/プログラムマネジメント)

日本企業はブランドを磨き、知財を有効活用しよう!

ブランドを磨くには何をすべきか。単に大々的に広告を展開したり、一等地に出店したりするだけでは、顧客の心に根をおろすことはできません。強いブランドの条件は、感性的な価値観と強く結びついています。価格や性能などの数値化しやすい価値にとどまらず、車なら「乗り心地の壮快さ」や「かっこよさ」、口に入れるものなら安心感といった人の感性や情緒に直接訴える魅力が必要です。概して言えば、日本企業はブランド形成が苦手分野でした。
日本企業もヒト、モノ、カネ、情報に続く「第 5 の経営資源」と言われるブランド戦略に本気になるときです。

具体的には、ヴィジュアル(価値の見える化(CI,VI))、アライアンス(開発・販売提携)、コミュニケーション(パブリックリレーション)の立案・実行支援、さらにはオンリーワン商品の企画・開発まで行います。

加えて、企業活動を支える知的財産を守り、さらに戦略的に活用する仕組みもご提案いたします。日本企業(特にメーカー)は、多くの特許(アセット)を保有しているにもかかわらず、そのほとんどが有効活用されず莫大なコスト(固定費)となっています。それらをライセンス化するなどによりロイヤリティ収入を得る仕組みづくり、同業他社が保有する特許(アセット)を含めコンソーシアム化することによって、強力なディフェンスシステム・オフェンスシステムを築くなどの知財を活用した経営戦略が、日本企業のものづくりに輝きを取り戻すために今、ブランド戦略と並んで必要です。

これからの時代は【エッジの効いたブランディングと知的財産の戦略的有効活用】が日本企業の健全な成長を支え、日本を元気にすると確信しています。

経営、知財、ブランド戦略について遠慮なくご相談下さい!